Adobe Targetの特徴とは?費用やその他のツールもあわせて紹介

dejamブログ運営局

dejamブログ運営局

    目次

Adobe Targetとは?


Adobe Targetは、精度の高いテスト、パーソナライズされたターゲティング表示の最適化、適切なレコメンドで収益化を可能にするソーシャルツールです。

コンバージョンを上げるためには、ユーザー行動の把握が欠かせません。Adobe Analyticsとのデータ連携や人工知能の活用によって、1人1人に合わせたコンテンツ表示が可能です。

Adobe Targetが持つ特徴4つ


Webマーケティングには、精度の高い分析ツールやテストツールが必要です。また、ユーザーの購買意欲を促すウェブコンテンツも求められます。

Adobe Targetは通常のツールとは異なり、Adobe Experience Cloudと連携させることで幅広い運用が可能になります。実績のあるAdobeならではのサービスと言えるでしょう。

ここでは、Adobe Targetの特徴を4つ紹介していきます。

  • ABテストの比較が可能

  • AIを用いたレコメンド配信が可能

  • Adobe Analyticsによる高度なターゲティングが可能

  • 一貫性のあるパーソナライゼーションが可能

1:ABテストの比較が可能

Adobe TargetはABテスト機能を備えています。

一般的なテストツールではIPやキーワードが条件設定としてありますが、Adobe Targetではユーザーの行動特性や属性別といった詳細な設定が可能です。

複数のページやコンテンツを比較し、あらゆるカスタマージャーニーに沿った検証を容易に行うことができるため、ユーザー属性ごとに特化したコンテンツ把握に役立つでしょう。

2:AIを用いたレコメンド配信が可能

「Recommended For You」と呼ばれる、Adobe Targetで提供されているアルゴリズムにより、ユーザーに親和性の高いレコメンド配信が可能です。

機械学習する人工知能を用いているため、それぞれのユーザーの行動履歴データを利用し、関連性が高い商品を表示してくれます。

ユーザーの購入情報を基にしたデータだけでなく、見込み段階の閲覧やカート内のデータも活用するため、購買欲を高める運用ができます。

3:Adobe Analyticsによる高度なターゲティングが可能

Adobe Analyticsと連携することで、精度の高いターゲティングが可能になります。

ターゲットとするユーザー層を絞り込むには幅広いデータの収集を行う必要があります。Adobe Targetでは業界最多のターゲティング条件を設けており、さまざまな仮説に基づいた条件設定ができます。

またユーザー属性ごとの結果分析が検証でき、Adobe Analyticsのデータを活用することで素早いアプローチが可能とされています。

4:一貫性のあるパーソナライゼーションが可能

あらゆる接点でユーザーに満足してもらうには、大衆ではなく個人に向けたコンテンツが必要です。Adobe Targetはブラウザーやデバイス、新規かリピーターであるかなど、1人1人に合わせたコンテンツをワンクリックで提供します。

たとえば、同じユーザーが違うデバイスでアクセスしても同一ユーザーと認識し、ユーザーに合わせたページコンテンツを表示できます。一貫性を持たせることはコンバージョン率向上につながります。

Adobe Targetにかかる費用


Adobe Targetを導入するためにかかる費用は一律ではなく、さまざまな検討事項によって決まります。

おもな要素は、Adobeが提供している製品オプション、導入するプロパティのボリューム、どのチャネルに向けた配信であるかの3つです。導入する企業のニーズに応えるためには、柔軟な料金体系が必要です。

導入前には綿密なやりとりを行なうため、自社に状況と予算に合わせた価格設定が可能です。

Adobe Targetに代わるABテストツール


ABテストは、Webサイトのコンバージョン率の向上を目的に活用される分析方法の1つです。さまざまな条件で検証を行ない、より有効なコンテンツを把握することでサイトの最適化を目指します。

ここでは、Adobe Targetに代わるABテストツールを4つ紹介していきます。ツールによって特色が違うため、自社に合うテストツールを検討してみてください。

  • KAIZEN UX

  • SiTest

  • VWO(Visual Website Optimizer)

  • Googleオプティマイズ

1:KAIZEN UX

KAIZEN UXは、システム、リソース、ノウハウに関する3つの課題を解決するサイト改善ツールです。

タグを1行追加するだけでUI変更が可能な操作しやすい設計で、自社内でサイト改善に人材を割けない場合にもカバーしてくれるリソースがあります。また、900社以上、50,000件におよぶ実績を持っており、サポート体制も完備されています。

分析だけでなくEFOも行なっており、コンバージョン率の向上に寄与します。

出典:KAIZEN UXの特徴|株式会社Kaizen Platform
参考:https://kaizenplatform.com/ux

2:SiTest

アジアで600,000サイトに導入されている国内唯一のLPOツールがSiTestです。ウェブサイトの解析から改善まで一元化しているため、幅広い運用が可能です。

ページ対ページの改善効果を検証するABテストや、ページ内における要素の組み合わせパターンを検証する多変量テストがあり、それらのデータを活用したランディングページ最適化ができます。

また、容易にテストが行なえる手軽さもSiTestの魅力です。

出典:トップページ|株式会社グラッドキューブ
参考:https://sitest.jp/

3:VWO(Visual Website Optimizer)

ABテストに特化したVWOは、使いやすさと安定した運用が可能なテストツールです。

VWOのABテストツールは、JavaScriptをWebサイトに埋め込む導入形式であるため、サーバー上のデータはそのままに、Webサイトの外観だけを変更できる特徴を持っています。

また、数種類以上のテスト機能と、上限なしでテストが行なえるドメイン数などの機能がありながら低価格で導入できる点も特徴です。

4:Googleオプティマイズ

Googleが提供しているテストツールがGoogleオプティマイズです。

Google Analyticsのデータを活用し、サイトの改善点を迅速に発見することができ、Google広告での成果を重視した複数のパターンをテストするため、効果的なサイトビジュアルの把握に役立ちます。

導入も既存のコードに1行追加する容易な仕様で、数クリックでユーザーへの表示が可能になります。

Adobe Targetの特徴を把握して利用してみよう


サイト運営において「分析」はとても重要です。

Webマーケターは、ユーザー行動の把握やどの接点でも満足できるコンテンツなど、リアルタイムでユーザーの需要に応える必要があります。現実での接客のようなクオリティがオンラインでも求められてくるでしょう。

「気が利く接客」を可能にするAdobe Targetの機能を把握して、1人1人のユーザーに喜ばれるWebサイトを構築しましょう。

LPやWebデザインを効率的に検索するには

たくさんのサイトを検索して参考になるデザインを探すのは時間がかかって大変です。
そこでおすすめなのが、LeanGoの提供する「Dejam」です。

https://leango.co.jp/dejam/
「Dejam」は、豊富なデザインデータベースを無料で公開している、LP・Webデザインの参考事例サイトです。
業種や画面名などでデザインを検索することができます。
デザインを検索したい方は活用してみましょう。

関連記事も読む