Web接客サービス「Sprocket」とは?特長や導入の流れも紹介

dejamブログ運営局

dejamブログ運営局

    目次

Web接客サービス「Sprocket」とは?


「Sprocket」は、コンバージョンを増やすためのWeb接客プラットフォームに加えて、成果にこだわるコンサルティングが特徴のWeb接客サービスです。今までに導入し、改善した例は250社以上にも及んでいます。

ユーザーの行動に合わせて最適なタイミングで良質なWeb接客を実現してくれます。さらに高度な接客シナリオを実現するために外部サービスと柔軟に連携することも可能です。

この記事では、Web接客サービス「Sprocket」の特徴や導入の流れなどについて、ご紹介しますので参考にしてみてください。

出典:導入事例|株式会社Sprocket
参照:https://www.sprocket.bz/casestudy/

Sprocketの特長5選


成果を残してきた実績がある「Sprocket」には、さまざまな特徴があります。「Sprocket」というプラットフォームには多彩な機能があったり、蓄積されてきたノウハウからコンサルタントが結果を出すための取り組みをサポートしてくれたりします。

ここでは、Sprocketの特長を5つ、ご紹介します。

1:外部システムとのデータ連動ができる

Sprocketの特長のひとつは、外部システム、外部サービスと連携しやすいというところです。データ連動することで、高度でより良い効果を得られるようになります。

つまり、他社のアクセス解析ツールやプラットフォームなどと連携して、ベストなタイミングでユーザーに最適な商品を提供することも可能になるということです。

柔軟な設計になっているSprocketは、外部システムとデータを連動しながらサービスの効果を高められます。

2:顧客個人の傾向を分析できる

プラットフォーム「Sprocket」を使用し、Web接客のプロのコンサルタントが顧客個人の傾向を分析し、シナリオを設計します。Webサイトのコンバージョンなどを最適化できるSprocketは、行動データやコンバージョン影響度などを分析できます。

3:最適なコミュニケーションのシナリオ提案がある

Sprocketを導入することで、さまざまな業界での豊富な知識や経験があるコンサルタントによる最適なシナリオ提案を受けられます。「いつ、誰に、どのような」シナリオを提案すれば成果を出せるかということにこだわった機能が揃っているのがSprocketの特長です。

4:多様なヒートマップによる分析ができる

Sprocketは、アテンションヒートマップ、スクロールヒートマップ、クリックヒートマップなどといった多様なヒートマップを使って分析ができます。

顧客がページのどのあたりを長い時間閲覧しているか、ページをどこまで見ているか、ページのクリックやマウスの動きなどを計測し分析ができます。Sprocketのヒートマップ機能による分析によって柔軟なWeb接客が可能になるでしょう。

5:A/Bテストが行える

改善サイクルを回すための方法が備わっているSprocketは、接客シナリオを実施し、A/Bテストによって検証が行えるのが特長です。

Sprocketは、年間30,000回以上のA/Bテストによるノウハウを蓄積しているだけではなく、実施したシナリオは9,000本を超え、A/Bテストパターンも62,000以上となっています。成果にコミットするためのノウハウがSprocketには揃っています。

出典:Sprocketが選ばれる理由|株式会社Sprocket
参照:https://www.sprocket.bz/service/feature.html

Sprocketの導入までの流れ


Sprocketを導入する場合、まず導入できるかどうかのチェックやサービスの内容や活用方法などを確認する打ち合わせをします。次に決めていくことは、運用する費用などについてです。

Sprocketを導入すると、顧客シナリオを動かし、コンバージョンを最適化できるようになります。また、担当のコンサルタントがシナリオ設計や設定、さらに検証も実施してくれます。

Sprocket導入時に押さえておきたいポイント


Sprocket導入時には、ユーザーの行動データを設定したり、Webサイトにタグを入れるなど、押さえておきたいポイントがいくつかあります。ここでは、そのポイントについて、ご紹介します。

導入まではおおよそ1ヶ月ほどかかる

Sprocketを導入するとなってから、コンサルタントがシナリオを設定・設計するための時間がおおよそ1ヶ月かかります。まず、サイトを分析し、施策内容などをチェックしてから実施するので、そのための時間がかかるということです。

月額費用にあわせて初期費用も必要

Sprocketの月額費用は公表されていないので問い合わせる必要があります。契約プランとしては、小規模運用の「Starter」、基本サービスの「Growth」、カスタマイズが可能な「Professional」、大規模サイト用の「Enterprise」が用意されています。

月額費用のほか、導入時には初期費用も必要です。

Sprocketと似たサービスとの比較


現在、Sprocketと同じような「Web接客ツール」は数多く開発され、提供されています。似ているサービス、競合サービスとなるようなモノもあり、自社サイトに最適なサービスを選択することが大切です。

ここでは、Sprocketと似たサービスについて、ご紹介します。

1:Flipdesk

Flipdeskは、情報のミスマッチを解消し、サイトの成果を引き上げられるWeb接客ツールです。自動でサイト訪問者を分析することができ、時間をかけずに客単価を向上できるのがFlipdeskの特長です。

料金体系としては、80万PVまでの「スタンダードプラン」が月額49,800円(税抜)のほか、20万PVまでの「(β版)ライトプラン」月額3,980円もあります。スタートアップ企業から大規模サイトまで、対応できる料金プランが用意されています。

Sprocketと比較した場合、Sprocketは料金について問い合わせる必要がありますが、Flipdeskには導入しやすい料金プランがあるというところが違う点です。

出典:料金プラン|株式会社フリップデスク(Flipdesk Inc.)
参照:https://flipdesk.jp/price/

2:ChatPlus

AI搭載型チャットツール「Chatplus」は、どんな業種、どんな業態でも導入できるサービスです。業務を自動化して、コストを削減したり、売り上げアップにつなげたりすることが可能です。

Sprocketと比較すると、Chatplusは初期費用が0円で月額1,500円からの低価格プランがあるのが特長です。ほかのWeb接客ツールなどと比較しても低価格で始められます。

低価格で始められるミニマムプランのほか、5つのプランから選べるようになっており、10日間の無料トライアルも用意されています。

出典:プラン・価格|チャットプラス株式会社
参照:https://chatplus.jp/plan/

Sprocketの特長を知り導入を検討しよう


コンバージョンを増やすための「プラットフォーム」と結果にコミットする「コンサルティング」が特長のSprocketは、さまざまな業界で採用されているサービスです。導入するスケジュールや費用などについては気軽に相談できるようになっています。

Sprocketを導入すれば、最適なタイミングでWeb接客が行えるようになるので、ぜひ導入を検討してみましょう。

LPやWebデザインを効率的に検索するには

たくさんのサイトを検索して参考になるデザインを探すのは時間がかかって大変です。
そこでおすすめなのが、LeanGoの提供する「Dejam」です。

https://leango.co.jp/dejam/
「Dejam」は、豊富なデザインデータベースを無料で公開している、LP・Webデザインの参考事例サイトです。
業種や画面名などでデザインを検索することができます。
デザインを検索したい方は活用してみましょう。

関連記事も読む