Robee(ロビー)が持つ特長とは?料金プランも併せて確認しよう

dejamブログ運営局

dejamブログ運営局

    目次

Web接客ツールRobee(ロビー)とは


Robee(ロビー)とは、Webサイトを訪問する新規ユーザーの獲得効率を高めるWeb接客ツールです。

このRobeeは、Life Time Value(LTV)を指標として設計しており、新規獲得や継続促進、さらに解約防止の視点を加えた、よりユーザー分析に長けたWeb接客ツールとなっています。

本記事では、そんなWeb接客ツールであるRobeeの特長やメリットなどについて、詳しく説明していきます。

Robee(ロビー)の料金体系は?


Robee(ロビー)のWeb接客サービスは、月5万円から始めることができます。また、月間100万UU(Unique User)を超えている場合は、UU数に応じた料金体系に変更することもできます。

なお、解約防止サービスの場合は、相談内容や規約などによって料金体系が異なっているため、HPから直接相談してください。

出典:PRICE|Robee
参照:https://www.robee.tech/price

Robee(ロビー)が持つ特長7つ


様々なWeb接客ツールがある中で、Robee(ロビー)が「LTVの最大化」を目指しているサービスであることは先述の通りです。

ここでは、Robeeが持つ特長を7つの観点から紹介していきます。Web接客ツールに興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

1:様々な業界の広告を導入した実績がある

Robee(ロビー)は様々な業界に進出しており、美容や金融、保険や不動産など、業種にとらわれずに利用されている実績があります。

多岐にわたった業種に利用されていることからも、Robeeの信頼がうかがえます。Robeeは、どんな業種の広告でも気軽に相談できるサービスと言えるでしょう。

2:顧客の潜在的な欲求を分析できる

Robee(ロビー)の特長は、ユーザーのインサイトを可視化できることです。

例えば、Webサイトに訪れたユーザーがどういった属性の人なのか、どういった流れでサイトに訪れ、どういった動きをするのかといった内容を分析します。

ユーザーのインサイトはWebマーケティングの課題となっており、Robeeは、そこを可視化するという点で大きく貢献しています。

ユーザー自身ですら意識していない部分を可視化することで、より本質に近い確実なマーケティング施作を考える手助けになるでしょう。

3:A/Bテスト機能がある

A/BテストとはWebサイトの最適化するための手段です。Webサイトの一部分を2パターン用意して、その2種類をランダムにユーザーに提示することで、それぞれの成果を比較してより高い効果を得るための検証を行います。

Robee(ロビー)は、そんなA/Bテストをエンジニアなど無しに簡単に実装でき、さらに細かな粒度でテストを実施することで、よりユーザー毎に最適化したWebサービスの提供を目指してくれます。

4:離脱防止ポップアップ機能がある

Webサイトに訪れたユーザーの行動を分析しているため、ユーザーのインサイトに合わせたポップアップを表示することで、ユーザーの離脱防止機能を高めてくれます。

これは、Robee(ロビー)がCVQ(Conversion Quality)を重視し、サービスとのマッチング度の高いユーザーの促進をより高める目的で、ポップアップ機能を充実させているためです。

5:2つの方向からの顧客増加の取り組みがある

Robee(ロビー)は、新規ユーザーの獲得と既存ユーザーの継続の2つの方面から顧客の増加を図ります。

新規ユーザーに対しては、主にWeb接客サービスを用いて行動分析を行い、よりよい広告を打ち出すことでCVQを向上させて顧客の増加を狙います。

既存ユーザーに対しては、主に解約防止サービスを用いて、サービスの良さをきちんと理解してもらうことでユーザー離れを防ぐことを狙いとします。

また、Robeeの大きな特長として、解約時のユーザーの解約理由を分析することで、企業の課題を見抜き、サービスのさらなる向上に活かすことにつなげられる点が挙げられます。

この特長こそが、Robeeが掲げている「解約理由×データ×分析=LTV向上」につながるメソッドとなっています。

6:サポート体制が充実している

Robee(ロビー)には、リアルタイムサポートとして、ユーザーの疑問を解消するチャットボットが導入されています。

そのため、ユーザビリティの優れたWebサイト運用が可能になり、ユーザーからの信頼を勝ち取りやすくなります。

また、解約希望者に対しては、深夜や祭日でもコールセンターでの対応を可能にしています。ユーザーの解約が比較的に多くなる深夜や祭日でも、なるべく有人対応をすることで解約を踏み止まらせるチャンスにつなげています。

7:導入から稼働まで簡単にできる

Robee(ロビー)のさらなる特長は、導入から稼働までが簡単にできることです。

これは、Robee側でWeb接客システムや解約防止システム、チャットボットなどのシステムの構築を行なっているため、企業側としては手順に沿って導入するだけで簡単に利用できるようになるためです。

それでも導入についての心配がある方は、Robeeを利用する際に、チャットボットで相談してみることをおすすめします。

Robee(ロビー)を利用するときの注意点


便利な機能が多いRobee(ロビー)ですが、利用する際には料金体系に注意しておく必要があります。特に、月間100万UUを超える場合は料金体系が変わります。

Robeeの利用料金は5万円からとなっていますが、チャットボットなどのオプション機能や、Web接客サービスと解約防止サービスの併用などにより料金体系が変わってきます。

詳しい料金については、問い合わせや見積もりなどもしてくれているため、実際に確認してみることをおすすめします。

Robee(ロビー)の利用に向いている人


ここまで紹介したRobee(ロビー)の特長から、Robeeの利用は、Web広告に予算をかけていきたい人に向いていると言えます。

Robeeを導入する大きなメリットは、新規顧客の増加と既存顧客の継続によるユーザーの増加です。

また、ユーザーインサイトの可視化や解約理由の問いかけなど、ユーザー分析の手助けをしてくれるため、Web広告をよりよくしていきたいと思う企業や人にとっては、導入する価値のあるサービスとなっています。

Robee(ロビー)の特長を把握して利用しよう


Robee(ロビー)は、Webサイトを訪れるユーザーの獲得を狙いとしたWeb接客ツールです。Webサイトが主流となっている現在、Web接客は新規ユーザーの獲得や既存ユーザーの解約防止として役立つ、必要で重要な機能となっています。

本記事で紹介したように、Robeeはユーザーの分析に長けているWeb接客ツールです。

幅広い業界で利用されているRobeeの特長を把握し、大いに活用してみましょう。

LPやWebデザインを効率的に検索するには

たくさんのサイトを検索して参考になるデザインを探すのは時間がかかって大変です。
そこでおすすめなのが、LeanGoの提供する「Dejam」です。

https://leango.co.jp/dejam/
「Dejam」は、豊富なデザインデータベースを無料で公開している、LP・Webデザインの参考事例サイトです。
業種や画面名などでデザインを検索することができます。
デザインを検索したい方は活用してみましょう。

関連記事も読む