Bizer teamとは?Bizer teamの特徴6つや料金プランを解説

dejamブログ運営局

dejamブログ運営局

    目次

Bizer teamとは?

「Bizer team」とは、チームの生産性を上げることを目的としたタスク管理ツールです。チェックリストによる業務フローの可視化と、メンバー全員による進捗状況の共有ができます。それによって仕事の解像度があがり、チームが協力しやすくなります。

Bizer teamの特徴6つ

「Bizer team」には6つの特徴があります。

タスクのチーム管理、チェックリスト作成、コメントの添付、ファイルのチーム管理、何度も行う作業のテンプレート化、タスクをコピーして繰り返し使えるという特徴です。

1:チームで状況の共有ができる

「Bizer team」では、業務に必要な資料をチームで共有できます。

また、業務を細分化したタスクをチェックリストにし共有することもできます。そのチェックリストをメンバーで割り振り、各メンバーは自分の担当するタスクが終わり次第チェックリストにチェックをつけるようにします。

そうすることで、業務の進捗状況がわかるようになります。必要に応じてタスクにコメントやファイルを添付することもできます。

2:業務の見える化ができる

「チェックリスト」タブに遷移し、作業項目を入力して「+追加」ボタンをクリックすると、チェックリストが作成されます。そのチェックリストを見れば、誰がやるのか、いつやるのかがわかり、簡単に「業務の見える化」ができます。

メンバーひとりひとりの業務の進捗具合がわかるので、メンバー間のサポートがしやすくなります。

3:外部サービスと連携できる

「Bizer team」は2種類の方法で外部サービスと連携できます。

1つ目は、連携したワークスペース内のチャンネルへ通知を届ける方法です。「Slack」「Microsoft Teams」で使用できますが、「Slack」のプライベートチャンネルへの通知は行えません。

2つ目は、「Slack App」を通じて連携したワークスペースの個人アカウントに通知を届ける方法があります。

4:テンプレートが豊富

「Bizer team」には、20を超える様々なテンプレートが用意されています。月次決算、給与計算など経理に関係するものや、育休手続きや派遣スタッフ採用など人事に関係するもの、広報やパンフレット、カレンダーなど、どの部署でも使えるものまで、種類は多岐にわたっています。

5:画面内容がシンプル

ホーム画面は主要な情報が集まっていて、操作しやすいシンプルなデザインとなっているので、見たい情報へスムーズにアクセスできます。

ホーム画面最上部には、タスク検索バー、お知らせアイコン、ヘルプアイコンが並び、通知が来ればお知らせアイコンに赤い印がつきます。ホーム画面左側には「タスク」「メンバー」などのメニューが縦一列に並び、画面中央にはタスクやチェックリストの詳細などが表示されます。

6:タスクを繰り返し使用できる

以前と同じタスクが発生した場合、既存のタスクをコピーすれば、タスクを繰り返し使用できます。今まで何度も作ったタスクや、定期的に発生するタスクは、テンプレート登録を利用すれば、タスクをスムーズに作成できます。

また、繰り返し設定を使うと設置した周期で自動的にタスクが立ち上がります。それによって、忙しいと忘れがちな定期的な業務も漏れなく行えます。

Bizer teamを使用するとよい職種4つ

「Bizer team」はあらゆる職種の業務効率化をサポートしますが、特にマーケティング、人事、総務、経理、これら4つの職種の業務効率化に適しています。

マーケティングは、企画開発からマーケティング結果の分析まで、幅広い業務を扱います。人事は、社労士など社外関係者と行う業務があります。総務は、他部署とのコミュニケーションを頻繫に行います。経理は、月次や日次でのルーチンワークを多く抱えています。

1:マーケティング

マーケティングによくある、専門的なノウハウが必要なため属人化してしまっている業務も、細かいステップに分解し、チェックリストに落とし込んで可視化することで、誰でもできるようになります。

制作会社や外部のパートナーなど、社外関係者と業務を一緒にすることがあっても、「Bizer team」は社外関係者をタスク単位で招待できます。チェックリストとチャットによって、業務進捗管理と業務のやり取りを「Bizer team」だけで完結できます。

2:人事

人事は、ゲストユーザーとして社労士など社外の関係者を「Bizer team」に招待することで、情報共有やタスク管理、コミュニケーションがスムーズに行えます。

特定の人しか対応できなかった業務をチェックリストに落とし込めば、ノウハウを蓄積しチームで共有できます。

タスクを作成するときに、期限を設定できます。その期限を見れば、多くの業務を同時に進捗管理しなくてはならないときも、優先順位をすぐに把握して取り組めます。

3:経理

経理は、月次や日次のルーチンワークをテンプレート化してしまえば、業務時間を短縮できます。

また、タスクで確認したいことがあっても、相手にメールを送る必要はなく、チャットですぐに連絡をとれます。チャットがタスクに紐づけられているので、あとからやり取りを確認することも簡単です。

作業を洗い出して整理することで、締め日付近の忙しいときでも、抜け漏れなく業務を進められます。

4:総務

総務によくある、他部署と連携して多人数で行う業務も、「Bizer team」を使えば、チャットによって全員ですぐにコミュニケーションがとれます。タスクとチャットが紐づけられているので、タスク進行中のチャット内容をあとから見られます。

また、総務は季節ごとの行事を担当することもあります。年に1度の業務も繰り返し設定を使うと自動でタスクが立ち上がり、忘れずに対応できます。

Bizer teamの料金プランは?

「Bizer team」には、ライト・ビジネス・エンタープライズという3つの料金プランがあります。

ライトは使用できる機能に限りがありますが、料金は安くなっています。エンタープライズの料金は高めですが、すべての機能を利用できます。

14日間の無料お試し期間では、「Bizer team」の一部機能を利用できます。

Bizer teamを導入してチームの生産性を向上しよう

「Bizer team」を導入すれば、チームでコミュニケーションをとりながら、タスクの管理と共有ができます。進捗がわからない、仕事が属人化しているせいで、管理方法やコミュニケーションがバラバラという状況が改善され、日々の業務がスムーズに行われるようになります。

「Bizer team」を活用してチームの生産性向上を目指しましょう。

関連記事も読む