WordPressの広告プラグインとは|おすすめ広告プラグイン10選も紹介

dejamブログ運営局

dejamブログ運営局

    目次

WordPressの広告プラグインとは


WordPressの広告プラグインは、作成したブログやサイトにプラグインをインストールすれば、アドセンスなどのショートコードを設定するだけで、簡単な手順で広告を載せられる仕組みです。

テンプレートに従ってソースコードを載せれば広告を掲載できるので、始めたばかりの人でも簡単に設定することができます。また、自動挿入することも可能です。

導入した場合のメリットとは

WordPressで作成したブログやサイトに広告を貼ると、広告をクリックされればアドセンス収入を、広告を見て商品購入につながればアフィリエイト収入として報酬を得ることができます。

広告プラグインを導入した場合、1ページごとに広告を貼ることなく、瞬時にすべてのページに貼ることができる上、広告を一括管理できます。プラグインによる広告設定は簡単なので、不慣れな人や作業時間短縮したい人にもおすすめです。

導入に適したサイトとは

広告プラグインの導入に適したサイトは、既に構築された記事がたくさんあり、これから広告を掲載しようと考えているようなサイトです。

このようなサイトの場合、一から記事に広告アドセンス等を貼っていくのは大変な作業になりますが、広告プラグインを使えば瞬時に全記事に貼ることができ、一括で管理できます。

WordPressのおすすめ広告プラグイン10選

ここでは、WordPressのおすすめ広告プラグインを10種類ご紹介します。

広告プラグインには、様々なものがあります。スクロールに合わせてサイドバーにウィジェットを常に表示させることができるものや、アドセンス広告やアフリィエイトを自動的に貼ることができるものなどです。

短縮URLを作ることができたり、期間の指定を自動的にすることができたりするものなど、使い方が限定的なものもあります。

おすすめ広告プラグイン1:Google Adsense Dashboard

おすすめ広告プラグインの1つめは、Google Adsense Dashboardです。サイトに掲載された広告がクリックされる度に報酬が発生する仕組みです。

まず、企業などの広告主が宣伝してほしい商品を登録します。

次に、Googleが広告コードをサイト作成者に提供し、サイト作成者が登録された商品の広告コードをサイト内に貼ることで、商品を紹介できます。広告がクリックされると報酬が発生します。

おすすめ広告プラグイン2:Amazon JS

おすすめ広告プラグインの2つめはAmazon JSです。このプラグインを使えば、Amazonの商品を簡単に紹介できます。

また、Amazonアソシエイトの公式リンクより、サイトに合わせたサイズの広告になるので、写真なども見やすく、広告がクリックされやすくなるでしょう。

おすすめ広告プラグイン3:Advanced Ads

おすすめ広告プラグインの3つめは、Advanced Adsです。Advanced Adsは、自分のサイトやブログにアドセンス、アフリィエイトなどの広告を自由に貼ることができるプラグインです。

広告ページは、スマホとPCで広告の表示の仕方を変えたり、固定ページでの広告を非表示にしたりなど、細かく設定したい場合があります。その際、Advanced Adsを利用すれば、広告の表示条件を細かく設定できるので便利です。

おすすめ広告プラグイン4:AdSense Plugin WP QUADS

おすすめ広告プラグインの4つめは、AdSense Plugin WP QUADSです。既に何ページもあるブログに広告コードを1つずつ記載したり、何らかの理由で広告コードを入れ替えたりする場合、とても便利なのがこのプラグインです。

一度広告コードを登録すれば、記事の中の1番上など、場所を指定したところに、自動的に広告を表示することができます。

おすすめ広告プラグイン5:Ad Inserter

おすすめ広告プラグイン5つめは、Ad Inserterです。Ad Inserterは、一括で全記事にアドセンス広告を入れることができるプラグインです。

また、多機能で広告の位置を細かく設定することができ、使い方によっては広告以外の文章を差し込んで入れることができます。また、HTMLコードを読み込ませれば、本文と広告の余白指定などができ、スタイルシートCSSも反映されるのでとても便利です。

おすすめ広告プラグイン6:Wp-Insert

おすすめ広告プラグイン6つめは、Wp-Insertです。Wp-Insertは、広告の管理だけでなく、アクセス解析コードなど、他のソースコードを埋め込むことが可能です。

また、広告の掲載場所を細かく指定でき、PC、スマホによる表示方法等も設定することができます。表示させたくない記事やカテゴリー指定なども簡単に行えます。スタイルシートCSSによるレイアウト指定もできます。

おすすめ広告プラグイン7:Post Expirator

おすすめ広告プラグイン7つめは、Post Expiratorです。 Post Expiratorは、期間限定の記事にしたい場合に便利なプラグインです。

手動で一記事ずつ記事の公開期日を変更する場合は大変な作業になりますが、Post Expiratorを使って対応しておけば、自動的に指定通りとなります。

期間限定のキャンペーンを行いたいときや、公開期限を設けたい記事がある時に有効です。

おすすめ広告プラグイン8:Q2W3 Fixed Widget

おすすめ広告プラグイン8つめは、Q2W3 Fixed Widgetです。Q2W3 Fixed Widgetは、サイドバーに配置した広告などのウィジェットが、スクロールされる画面の動きに合わせて追従させることができるプラグインです。

目立たせたい部分や広告などは、画面がスクロールされていてもサイドバーに設定しておけば、画面の動きに合わせて追従されるため、常に表示できて便利です。

おすすめ広告プラグイン9:Pretty Links

おすすめ広告プラグイン9つめは、Pretty Linksです。Pretty Linksは、WordPressに設置すれば短縮URLを無料で作ることができるプラグインです。

Twitterやメルマガ配信する場合、URLが長いと複数行になり読みにくくなります。短縮URLにすればURLは1行になり、その分文字数も多く使用できます。

クリック解析もでき、ユーザーにアフリィエイトURLを隠したいときなどにも活用できます。

おすすめ広告プラグイン10:Strx Magic Floating Sidebar Maker

おすすめ広告プラグインの最後は、Strx Magic Floating Sidebar Makerです。

Strx Magic Floating Sidebar Makerは、ページをスクロールした際に、サイドバーにある複数のウィジェットの中から、指定されたウィジェットだけ追従させ、常に画面の定位置に表示できるプラグインです。

アドセンスは禁止で、ウィジェットは広告や目次など常に表示させたいものに限られます。

WordPressの広告プラグインの表示方法5選


ここでは、WordPressの広告プラグインの表示方法を5つご紹介します。

必要な広告プラグインをインストール後、広告表示の位置を指定します。広告プラグインによって、指定できる範囲や位置の英語表記は変わります。

サイトとの相性がいい場合は、位置指定をせず自動指定をし、広告の位置を任せる方法もあります。

広告プラグインの表示方法1:記事上に広告表示する方法

WordPressの広告プラグインの表示方法1つめは、記事上に広告表示する方法です。

WordPressのプラグインの項目から新規追加を選び、選んだ広告プラグインを検索、インストールして使用します。

例えば、Ad Inserterを利用した場合、広告名を入力し、広告コードを貼り、表示するページタイプを指定します。記事上に広告表示する場合は、広告の表示位置をBefore contentに指定します。

広告プラグインの表示方法2:記事下に広告表示する方法

WordPressの広告プラグインの表示方法2つめは、記事下に広告表示する方法です。

WordPressのプラグインの項目から新規追加を選び、選んだ広告プラグインを検索、インストールして使用します。

例えば、Ad Inserterを利用の場合、広告名を記入後、コードを貼り付け、表示するページタイプを指定します。記事下に広告表示する場合は、広告の表示位置をAfter contentに指定します。

広告プラグインの表示方法3:見出し前・後に広告表示する方法

WordPressの広告プラグインの表示方法3つめは、見出し前・後に広告表示する方法です。

WordPressのプラグインの項目から新規追加後、広告プラグインを検索し、インストールして使用します。

例えば、Ad Inserterを利用した場合、広告名を記載、広告コードを貼り、表示するページタイプを指定します。広告の表示位置をBefore paragraphまたはAfter paragraphに指定します。

広告プラグインの表示方法4:インフィード広告を挿入する方法

WordPressの広告プラグインの表示方法4つめは、インフィード広告を挿入する方法です。

インフィード広告は、コンテンツとコンテンツの間にサイトのデザインに合わせた広告を表示する広告スタイルです。ユーザーの目線がある位置に広告を掲載するので、広告認知度が高まります。

Google AdSenseでインフィード広告専用タグを作成し、表示したい位置を数字で指定します。複数箇所の場合カンマで数値を区切ります。

広告プラグインの表示方法5:自動広告を挿入する方法

WordPressの広告プラグインの表示方法5つめは、自動広告を挿入する方法です。

自動広告コードは、広告を掲載する場所を複数指定するようなことはなく、ページの<head>内に一箇所のみ、広告タグを設置する必要があります。広告プラグインを使用した場合、一度設定すれば、再設定する必要がありません。

また、サイトがスキャンされ、自動的にサイト内で高い収益が望める箇所に広告が貼られます。

WordPressで効果的な広告の見せ方とは


WordPressで効果的な広告の見せ方があります。

ユーザーがサイトにアクセスした目的は、調べたい情報や解決したいことがあってのことで、広告が目的ではない為、そのサイトの内容に沿った広告を掲載することが大切です。

また、ユーザー目線を考慮し、ユーザーが注目しそうな最適な場所に広告を設置することで、効率よく広告を見せることができます。広告を掲載しすぎないこともポイントです。

WordPressのおすすめ広告プラグインを利用しよう


Worldpressを利用して自分のサイトやブログに広告を掲載する場合、広告プラグインを使えば、手間を省けるなど効率よくアドセンスやアフリィエイトによる収益につなげることができます。

広告プラグインには色々な種類や機能があります。これまでに紹介したおすすめ広告プラグインを参考に、自分のサイトやブログに合った広告プラグインを利用しましょう。

関連記事も読む