Redmineとは?機能・料金を競合サービスと比較解説

Redmineとは?機能・料金を競合サービスと比較解説

dejamブログ運営局

dejamブログ運営局

    目次

無料で使えるRedmineを、この記事でわかりやすく解説します。

Redmineは、オープンソースウェアとして無料で使えるプロジェクト管理ツールとして知られています。無料で使えるのであれば、導入を検討したことのあるプロジェクトマネージャーも多いのではないでしょうか。

とはいえ、Redmineを導入する場合、システムを構築するためにITに関する専門的な知識が必要だとも言われています。

この記事では、他社サービスと比較しつつRedmineの機能性やメリット、デメリットについて解説します。プロジェクト管理ツールとして、Redmineの導入を検討しているマネージャーの方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

Redmineとは

Jean-Philippe Lang氏が開発したオープンソースソフトウェア

Redmineは2006年にフランスのJean-Philippe Lang氏が開発した、誰でも無料で使えるオープンソースソフトウェアです。Redmineは、自社のサーバーにインストールして使うオンプレミス型のツールです。

日本では、ファーエンドテクノロジー株式会社がクラウド型のRedmineであるMy Redmineをリリースしています。My Redmineの導入企業には、東京証券取引所やJALインフォテックなどがあります。

Redmine導入におすすめな人

  • 無料でプロジェクト管理ツールを導入したい場合は、Redmineを使うといいでしょうオープンソースソフトウェアであるRedmineは、無料で導入できます。

    サーバー代は必要ですが、プロジェクト管理のための経費を抑えたい場合におすすめです。 

  • エンジニア・デザイナーがプロジェクトチームにいる場合にもおすすめです。Redmineは、自由に手を加えてプロジェクトに合わせて使いやすいように、カスタマイズすることができます。プラグインで増やせる拡張機能も充実。チーム内にエンジニアがいる場合は、導入を検討してみるといいでしょう。

Redmineと主な競合サービスの比較

Redmineは、オープンソースであるため無料です。オンプレミス型の管理ツールであるため、自社サーバーにインストールして使います。システム構築にはITに関する知識が必要で、他のサービスと比べても、導入の難易度は高いと言えるでしょう。

オンプレミス型のRedmineとは別に、クラウド型のMy Redmineも存在します。クラウド型であれば、導入が簡単です。さらに、RedmineとMy Redmineは、機能やインターフェイスなど内容に関しては全て同じです。

通常のRedmineの導入が技術的な面で難しい場合は、My Redmineの導入を検討してみてください。

他のサービスではユーザー数に比例した価格設定が多いのに対して、My Redmineの価格はユーザーが増えても料金が変わりません。つまり、チームのメンバーが少ないと割高で、多いと割安になるのです。

Redmineは他のサービスとの連携はとれませんが、利便性や機能性のことを考慮して、導入難易度を普通としております。My redmineについては、提供元が日本法人であるため日本語によるサポートを受けることもできます。

Redmineの主な機能

Redmineの機能を、My Redmineを使って説明します。My Redmineは充実したRedmineの拡張機能の中から、使えるものを厳選して仕上げられたクラウド型のプロジェクト管理ツールです。

タスク・課題管理

Redmineでは、タスクや課題のことをチケットと表現されています。チケットは一覧で表示することができ、担当者や期日に応じて並べ替えできます。トラッカーという機能で、チケット分類することも可能です。

また、チケットには作業にかかった時間を記録したり、チケットの内容を変更した際の履歴を残したりできます。過去の記録や履歴は、プロジェクトの遂行に有効活用できますね。

たとえば、記録した作業時間を分析することで、担当者のタスクに対する処理能力がわかります。または、詳細の変更履歴を見ることで、プロジェクトの進行にあたって、どういった変更が良かったのか、または悪かったのかを分析可能です。

つまり、過去のデータを参考にして、担当者へのタスクの振り分けや、プロジェクトの進行で生じた問題の原因や解決法を考えることができるのです。

カンバンボード

カンバンボードとは、タスクや課題を一枚のボード上にまとめて分かりやすくした物です。

Redmineのチケットパネル機能では、カンバンボード方式が採用されています。プロジェクトの進捗とともに、タスクを4つのカテゴリ―に振り分けて使います。

たとえば、リモートワーク時に、チケットパネルを共有しながら会議やミーティングをおこなうのもおすすめです。

付箋を動かすように、マウスを使ってチケットをドラッグすると、簡単にチケットを移動できます。チーム全体で、会議室内のホワイトボードを見ながら作戦を練る感覚で使えるのです。

ガントチャート

ガントチャートは、プロジェクトの予定を分かりやすくする工程表です。チャートは、チケットに入力した開始日や期間をもとに自動で生成されます。

ガントチャートを利用することで、プロジェクトの円滑な進行が可能になるでしょう。なぜなら、チーム全員がプロジェクトの全体を視覚的に共有することで、互いのタスクを調整しやすくなるからです。

たとえば、タスクが早く終わりそうな場合は、次の工程の担当者に連絡して、プロジェクトを先に勧めることができます。もしくは、遅れそうな場合は、プロジェクト全体が遅れないように事前に協議して、帳尻を合わせることもできるのです。

活動

活動は、プロジェクト中におこなった変更や進捗などの記録のことです。過去の履歴を時系列で、網羅的に把握できます。プロジェクトの引継ぎや、途中で参加したメンバーに、プロジェクトの中身を理解してもらうのに有効な機能です。

Wiki

Wikiではプロジェクトメンバーが、マニュアルや業務についてのQ&Aなどを自由に掲載したり、編集したりできます。

汎用性が高く、画像も掲載できるのが特徴です。たとえば、リモートワークをスタートしたてのころには、ITに関する知識レベルの差が、プロジェクト進行の妨げになることもあります。

そこで、ITツールに関するマニュアルをWikiに登録しておけば、チームメンバーがITツールについての理解を深めることができます。結果的に、ITツールに関する知識レベルの差を埋めることが可能です。

パソコン画面のスクリーンショット付きで、マニュアルを作ることもできます。メンバーみんなが編集に参加して、マニュアルをブラッシュアップできるのもすばらしい所です。

ツールのプラン・金額

オンプレミス型の通常Redmineとクラウド型のMy Redmineの料金プランをお伝えします。

通常のRedmineはオープンソースソフトウェアなので、無料で利用できます。クラウドサービスのMy Redmineは有料ですが、料金体系はシンプルです。スタンダードとミディアムプランの違いは、ストレージ容量のみで、機能面やユーザー数による料金の違いはありません。

Redmineのメリット・デメリット

Remineはプラグインを利用することで、自由に機能を拡張できます。そのため、システムの構築に携わるエンジニアによって使える機能も大きく異なり、メリットやデメリットも各Redmineに依ると言えるでしょう。

そこで、ここではRedmineの主要なプラグインで構築されたMy Redmineの機能をRedmineのメリットとデメリットとしてお伝えします。

Redmineのメリット

1. 機能が絞られていて使いやすい

My Redmineの機能はしぼられているため、学習コストを抑えることができます。プロジェクト管理でも、情報が多すぎて混乱してしまう心配がありません。

2. チケットがガントチャート、カレンダーに連動している

チケットの内容を変更するだけで、ガントチャートやカレンダーに反映できます。そのため、操作が一括で済んでしまい、プロジェクト管理の手間の省略が可能です。

3. 担当者でチケットを絞り込める

My Redmineには、チケットを担当者順に並び変えてリスト化する機能があります。そのため、誰がどのタスクを遂行しているかどうかを一目で確認できます。

4. 過去の履歴を自動で記録

過去の変更履歴を自動で記録できます。さらに、各チケットの変更内容は時系列に沿って、簡単に確認することが可能。プロジェクトやタスクの引継ぎを行う際にも、状況を把握しやすいです。

Redmineのデメリット

1. ガントチャートの日割りが簡素過ぎる

ガントチャート上の日付表示は週単位で表示されており、日付の確認できません。そのため、詳しい期日を確認するには、チケットの詳細を開く必要があり、手間がかかります。

2. コミュニケーションツールがない

コミュニケーションツールがないため、インターネット上でプロジェクト進行させるためには、別のツールを使う必要があります。

Redmineを使った人の評判・体験談

  • どのように使っていたのか

事業部でおこなう教育カリキュラムの管理ツールとして、利用していました。

  • 使ってみて「便利!」と感じたポイント

過去の資料やアンケートなどのデータをRedmineで管理しておくことができます。過去に実施したカリキュラムを再び実施するときに、過去のデータを利用できて、便利だと感じました

プロジェクトの途中から参加しても、ログの検索で簡単に過去の会話の内容を検索できます。結果的に、メンバーとの会話も理解しやすいです

  • 使ってみて気になった点

タスクが増えた時に、リスト表示してページ送りすると、親タスクが消えてしまいます。結果的に、親タスクと子タスクの関連がわからなくなることがあります。

まとめ

Redmineはオンプレミス型であれば、無料で導入することができます。ただし、導入やシステム構築にIT技術に関する知識は必要なのが難点です。とはいえ、チーム内にエンジニアがあれば、プロジェクトに合わせた自由なシステム構築も可能なためRedmineを導入するといいでしょう。

対して、クラウド型のMy Redmineは容易に導入できるツールです。利用料はかかりますが、ユーザー数が多い場合は他のサービスよりも割安になります。多数のメンバーがプロジェクトに携わるのであれば、My Redmineの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事も読む