WordPressの管理画面のカスタマイズ方法10選|便利な設定内容4選

dejamブログ運営局

dejamブログ運営局

    目次

WordPressの管理画面のカスタマイズとは


WordPressの管理画面のカスタマイズとは、実際にWordPressでWebページを管理するクライアントが使いやすくなるように、管理画面を設定することです。

WordPressの管理画面には、さまざまな操作をするためのボタンがありますが、中には操作する必要のない設定もあります。

ユーザーが誤った操作をして重大な問題が起こらないようにするためにも、管理画面のカスタマイズは大切です。

カスタマイズのメリット

WordPressの管理画面をカスタマイズすることで、WordPressの管理者が使いやすくなり、誤操作を防げるなどのメリットがあります。

WordPressの管理画面が使いづらいと、Webページを更新するための作業が複雑になり、誤った操作をしてしまう可能性が増えます。

誤操作を防ぐためにも、WordPressの管理画面をカスタマイズして、ページを更新しやすくすることが大切です。

WordPressの管理者権限とは

WordPressの管理者権限とは、WordPressに関するすべての管理機能にアクセスできる権限のことです。

WordPressには、ユーザー権限というユーザーごとにWordPressの権限を適切に付与して、複数人でWordPressを使用したWebサイトを運営するための機能があります。

ユーザーの権限別に管理者、編集者、投稿者、寄稿者、購読者に分けて、複数人でWebサイトを運営できます。

WordPressの管理画面のカスタマイズ方法10選


WordPressは、複数人でWebサイトを運営できます。WordPressの管理画面のカスタマイズ方法にはさまざまなものがあり、複数人で運営する場合にも役立ちます。

ここでは、ダッシュボードに新たなボックスを設定する、必要のない項目を削除する、カスタムフィールドの設定内容を見やすくする、メニューアイコンを設定するなど、WordPressの管理画面のカスタマイズ方法について10個紹介します。

管理画面のカスタマイズ方法1:ダッシュボードに新たなボックスを設定する

1個めの管理画面のカスタマイズ方法は、ダッシュボードに新たなボックスを設定することです。

ダッシュボードとは、WordPressにログインした際に表示される画面のことで、主に連絡事項や注意事項などをチェックするために使用します。

ダッシュボードに新たなボックスを追加して、注意事項やマニュアルなどを設定することで、より使いやすくなるでしょう。

管理画面のカスタマイズ方法2:必要のない項目を削除する

2個めの管理画面のカスタマイズ方法は、必要のない項目を削除することです。

WordPressの管理画面で、投稿者が重要な設定を変更してしまうような事故を避けるためにも、必要のない項目を削除することが大切です。

管理画面で使っていない機能やプラグインを削除したり、非表示にしたりすることで、誤操作や重大な事故を避けられるでしょう。

管理画面のカスタマイズ方法3:カスタムフィールドの設定内容を見やすくする

3個めの管理画面のカスタマイズ方法は、カスタムフィールドの設定内容を見やすくすることです。

カスタムフィールドとは、ショッピングサイトなどで価格や商品の特徴など、任意の項目を作成する機能で、WordPressには標準で搭載されています。

カスタムフィールドの設定内容を見やすくすることで、投稿者が何を入力するのか一目でわかるようになり、データの入力ミスなどを防げるでしょう。

管理画面のカスタマイズ方法4:メニューアイコンを設定する

4個めの管理画面のカスタマイズ方法は、メニューアイコンを設定することです。

WordPressの管理画面では、サイドメニューにあるそれぞれのボタンに、メニューアイコンが設定されています。

それぞれのメニューにメニューアイコンを設定することで、どのような機能かわかりやすくなり、より使いやすい管理画面になるでしょう。

管理画面のカスタマイズ方法5:メニューアイコンの並び順を変更する

5個めの管理画面のカスタマイズ方法は、メニューアイコンの並び順を変更することです。

WordPressのメニューアイコンは並び順を変更でき、ユーザーが使いやすいようにカスタマイズできます。

利用頻度が高い順にメニューアイコンを並び替えたりすることで、より使いやすい管理画面になり、ストレスなくWordPressを利用できるようになるでしょう。

管理画面のカスタマイズ方法6:プラグインアップデートの数値を表示しない

6個めの管理画面のカスタマイズ方法は、プラグインアップデートの数値を表示しないことです。

プラグインは定期的にアップデートが必要ですが、投稿者にプラグインアップデートの通知は必要ありません。

プラグインアップデートの数値を表示しないようにしておくことで、プラグインの設定を変更するなどの誤操作を未然に防げるでしょう。

管理画面のカスタマイズ方法7:アイキャッチ画像に追記する

7個めの管理画面のカスタマイズ方法は、アイキャッチ画像に追記することです。

記事やWebページを投稿する際に、アイキャッチを設定する場合、アイキャッチ画像の設定欄に注意書きを追記しておくことが大切です。

アイキャッチの注意書きを追記しておけば、画像のサイズや種類などを投稿者にわかりやすく伝えられるので、想定外の投稿を未然に防げるでしょう。

管理画面のカスタマイズ方法8:サイドメニューをカスタマイズする

8個めの管理画面のカスタマイズ方法は、サイドメニューをカスタマイズすることです。

管理画面のサイドメニューに必要のないメニューが表示されていると、不用意な操作によって重大な問題が発生してしまう恐れがあります。

サイドメニューの中でも、投稿と関係のない不要なメニューは非表示にすることで、誤操作によるトラブルを未然に防げるでしょう。

管理画面のカスタマイズ方法9:オリジナルのウィジェットを追加

9個めの管理画面のカスタマイズ方法は、オリジナルのウィジェットを追加です。

WordPressで使用するウィジェットには、検索やアーカイブ、関連記事などのウィジェットがあり、複雑な機能を簡単にWebページに追加できます。

オリジナルのウィジェットを追加しておくことで、Webページのウィジェットの仕様を統一でき、よりユーザビリティの高いWebサイトを作成できるでしょう。

管理画面のカスタマイズ方法10:バージョンアップ通知の非表示化

10個めの管理画面のカスタマイズ方法は、バージョンアップ通知の非表示化です。

WordPressの管理者には必要なバージョンアップ通知も、管理者以外のユーザーが触ってしまうと、トラブルが発生する可能性があります。

バージョンアップ通知を非表示化することで、未然に誤操作を防ぎ、重大な問題に発展しないように工夫することが大切です。

WordPressの便利な設定内容4選


WordPressの管理画面をカスタマイズするのは簡単で、便利な設定内容が数多くあります。
ここでは、投稿を制限する、記事の複製を簡単にする、アドミンバーを非表示とする、投稿一覧ページを見やすくするという、4つの便利な設定内容について紹介します。

WordPressの便利な設定内容1:投稿を制限する

1つめのWordPressの便利な設定内容は、投稿を制限することです。

WordPressで記事の外注などをする際に、ユーザー権限によってWordPressでの投稿を制限することが大切です。

サイドメニューのユーザーから新規追加を選択し、ユーザー権限を投稿者や寄稿者など、適切なものを付与する必要があります。

WordPressの便利な設定内容2:記事の複製を簡単にする

2つめのWordPressの便利な設定内容は、記事の複製を簡単にすることです。

ブログ投稿などで決まったフォーマットがある場合、記事を複製できるようにすれば記事の作成時間を短縮できます。そのため、Duplicate Postなどのプラグインをインストールして、簡単に記事を複製できるようにしましょう。

WordPressの便利な設定内容3:アドミンバーを非表示とする

3つめのWordPressの便利な設定内容は、アドミンバーを非表示とすることです。

アドミンバーとは、WordPressをログインした状態で自サイトを閲覧する際に、上部に表示される管理バーのことです。誤操作を防ぐためにも、管理画面のユーザーのプロフィールページか、プラグインによってアドミンバーを非表示に設定しましょう。

WordPressの便利な設定内容4:投稿一覧ページを見やすくする

4つめのWordPressの便利な設定内容は、投稿一覧ページを見やすくすることです。

投稿一覧ページを見やすくしておくことで、投稿した記事を管理しやすくなり、より質の高いWebサイトを作成できます。

投稿記事一覧にカテゴリーを表示させたり、ページの発行日を表示したり、アイキャッチを表示させたりして、記事を管理しやすくできます。

WordPressの管理画面のカスタマイズ方法をマスターしましょう


WordPressの管理画面のカスタマイズについて紹介しました。

コードやプラグインを使用して、WordPressの管理画面をカスタマイズすることで、より質の高いWebサイトを作成できます。

WordPressを使用している方は、ぜひWordPressの管理画面のカスタマイズ方法をマスターしてみてください。

関連記事も読む