WordPressブログにTwitterを連携させる方法|5つのステップ

dejamブログ運営局

dejamブログ運営局

    目次

WordPressにTwitterを連携させるとは?


WordPressにTwitterを連携させるとは、自分のWordPressで運営しているブログに、Twitter連携設定をするということを意味します。

たとえば、TwitterでWordPressの投稿があった場合、連携しておくことで記事投稿をTwitterで拡散できるなど、非常に効果的に使えます。

Twitterを連携させるのにおすすめなプラグイン


ここでは、Twitterを連携させるのにおすすめなプラグインをご紹介します。

以下にご紹介するプラグインは、とても有名でSNS集客には欠かすことのできないプラグインですので、ブログとTwitterの連携を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

All in One Seo Pack

「All in One Seo Pack」は、専門知識が必要なSEOの設定やSNSでの拡散が期待できるOGPの設定や、クローラーの巡回の促進などの設定ができる便利なプラグインです。

ブログ用に開発された「jetpack」は、アクセス解析やセキュリティ対策された役立つプラグインですが、「All in One Seo Pack」は、特にSNS集客に有効的なプラグインと言えます。

また、先に触れたように必要な設定がすべて一つのプラグインに集約されているため、初心者にも優しいというメリットもあります。

WordPressにTwitterを連携させるステップ


ここからは、WordPressに「All in One Seo Pack」のプラグインをインストールし、Twitter連携するまでの方法を手順に沿って説明していきます。

WordPressにTwitterを連携させる5つのステップについて、それぞれ詳しく見て行きましょう。

ステップ1:All in One Seo PackでSocial Meta機能を有効化

はじめに、「All in One Seo Pack」をWordPressにインストールして、有効化します。

ダッシュボード左側の「All in One Seo Pack」をクリックします。次に「機能管理」をクリックし、その中にある「Social Meta」(ソーシャルメディア)機能を押して有効化します。

ステップ2:ソーシャルメディアを設定

上記の設定が終わったら、ダッシュボードの左側に戻り、「All in One Seo Pack」のソーシャルメディアをクリックします。

こちらの画面では、画像設定、Twitter設定などTwitter連携に必要な設定をしていきます。

ステップ3:画像を設定する

ソーシャルメディアを選択して、下の方にスクロールすると、「画像設定」という項目があります。ここでは、Twitterに投稿される際に表示される画像の選定と設定が出来ます。

次に「OG:Image」の選択ですが、ここで「アイキャッチ画像」を選ぶと、Twitterでツイートした際に、選んだ画像が表示されます。

また、「デフォルトのOG:Image」では、画像サイズや形式の問題でうまくアイキャッチ画像が表示されなかった場合に、アップロードした画像が表示されることになります。

ツイートする際に記事の画像を載せたくないという場合は、デフォルト画像を設定しておくとよいでしょう。

ステップ4:Twitterを設定する

スマホまたはパソコンの自分のTwitterを開きます。

Twitter画面左側のプロフィールを選択し、プロフィール編集をクリックします。上から3段目のウェブサイトに自分のWordPressブログのURLを入力して、保存します。

ここで、TwitterとWordPressが連携されます。

ステップ5:Twitterのカードを設定する

ソーシャルメディアで画像設定した後に、さらに下にスクロールしていくと、Twitter設定があります。デフォルトTwitterカードのサイズには、「要約」と「要約の大きい画像」の2種類がありますので、どちらか1つを選択します。

Twitterサイトには、@で始まるTwitterのユーザーIDを入力します。これは、Twitter投稿者が、投稿した人を表示させたい場合などにチェックします。

表示させることによって、ブログと同一人物であることを表すため、WordPressブログへのアクセスが期待できるメリットがあります。

なお、Twitterドメインは、ユーザーIDの@を除いたものを入力しましょう。

記事更新の際にTwitterへ投稿する

WordPressで記事が完成したら、その都度Twitterに投稿しましょう。そうすることで、SNSによる拡散が期待できます。

Twitterへの投稿方法は、まずWordPress画面を開きます。次に、ツイートボタンをクリックすると、シェア画面が表示されます。そこに記事のURLが入力されていることを確認したら、再度ツイートボタンをクリックすることで投稿が完了します。

Twitterで記事が投稿されると、タイトル、画像、説明文が表示されます。タイトルや説明文を読んで不具合がある場合は、投稿ページの下にある「All in One Seo Pack」の画面で設定内容を変えることも可能です。

Twitterを活用してWordPressブログを拡散しよう


昨今、TwitterのようなSNSを使った集客は主メジャーになってきています。少しでも多くの人に自分のWordPressブログを知ってもらうためには、Twitterとの連携が必須でしょう。

Twitter連携で、どんどんWordPressブログを拡散していきましょう。

関連記事も読む