EFOに役立つ各企業EF事例 【フード領域】ファミレスのフォーム編🍴

EFOに役立つ各企業EF事例 【フード領域】ファミレスのフォーム編🍴

dejamブログ運営局

dejamブログ運営局

    目次

さて今回はファミレスのスマホ版のメニュー及び検索フォームを比較検討を行っていきます。飲食店ではどのようにメニューを表示するか、見せ方次第で売り上げも変わってきます。フォームの比較検討を行うことでそれぞれのデザインを参考し、より良いフォーム作成、CVR改善につながると考えられます。

【さらにCVR向上を検討している方へ】

さて今回扱う店舗は以下の通りです。

ジョリーパスタhttps://www.jolly-pasta.co.jp/

ガストhttps://www.skylark.co.jp/gusto/

サイゼリヤhttps://www.saizeriya.co.jp/

びっくりドンキーhttps://www.bikkuri-donkey.com/

【フード領域 ファーストフード店のフォームを比較検討してみた メニュー編】

ジョリーパスタ     ガスト     サイゼリヤ    びっくりドンキー

ジョリーパスタ

ジョリーパスタでは各メニューごとにカテゴライズ化されたボタンが表示されており、UIデザインも対応したイラストが付加されているためユーザーにとって検索の利便性が促進されています。例えばランチでは「フォークとナイフ」トマトソースでは「トマト」のイラストが表示されていますね。

また各ボタンを押すとページ遷移を挟むことなく、ページ内表記が変更されるのでユーザーのユーザビリティに配慮されています。menu#〇〇〇という感じに〇に各メニューに対応した設定をすることで、ボタンを押すたびにページ遷移を挟むとユーザーにとって煩わしさを除去しています。

ガスト

ガストでは最初に映る画像、ファーストビューでは「幻のオムライスフェア」が表示されています。フェアを含めて店舗のイベント情報は普段の売り上げとは別で更なる収入を得る機会となっているため店舗側からすると積極的にアピールしていきたいですね。期間限定や特定イベントとなるとつい買ってしまうという方は結構いると思いますが、「乗るしかない このビッグウェーブに」というように物珍しい情報や集団に対する同調などで注目してしまうという心理が働いているからです。

しかしながら、興味ないユーザーにとっては高さをとっているためスクロールの手間がかかるため不便ではあります。もう少しコンパクトにしてもいいかもしれませんね。

サイゼリヤ

サイゼリヤでは各メニューに合わせたカタログが表示されており、電子書籍で見られるようにページをめくっていく形式になっています。ページをめくっていくことで店舗の雰囲気を味わうことができるなどがありますが、ユーザーにとっては簡潔に流し読みをしたいと考えられ、わざわざめくる作業が煩わしく手間がかかります。また、カタログを読み込むのもユーザーにとって面倒ですね。

びっくりドンキー

びっくりドンキーでは各カテゴリーに対応したメニューが表示されますが、全体的に高さを取っています。そのためメニューを流し読みするには手間がかかります。また値段に関しては店舗によって異なり仕方ないですが、標準価格を表示されていると店舗検索をする手間が軽減されます。また、各メニューボタンを押すたびに遷移を挟むためユーザーにとって煩わしさが感じられます。

【フード領域 ファーストフード店のフォームを比較検討してみた 店舗検索編】

続いて店舗検索について比較検討をしてみましょう。

検索でしばしば用いられるのは「住所検索」「位置情報を用いた現在地検索」「直接入力」などがありますが、それぞれの検索方法を比較してみていかがでしょうか。

ジョリーパスタ

ジョリーパスタでは位置機能を用いて「お近くの店舗」で簡単に検索することが可能のほか、「店舗を調べる」の下位項目に「駅名で探す」「住所で探す」「店舗名で検索」があり、手動で入力することになっています。また、検索条件を追加で設定することができ、「お子様メニューあり」や「朝食メニューあり」などのボタンがあり詳細に検索することが可能となっています。

検索でしばしば使われる都道府県・市町村から検索する欄を撤去し、「住所で探す」欄に包括し都道府県・市町村を入力することで検索することができます。

検索ボタンを押すとページ遷移を挟むことなく、店舗が表示されるためユーザーに配慮されています。

ガスト

ガストでは検索ページに進むと、地図機能を用い自動的に近くの店舗が表示されます。余計な入力をせずにすぐに検索できるので便利であります。ユーザーの検索数的には近くの店舗検索が多いことからこのようなデザインとなっているのでしょうが、毎回近くの店舗を検索したいとは限りません。そのため左上検索ボタンで「ブランド名・地名・駅名」などを入力して検索することが可能となっています。

サイゼリヤ

サイゼリヤでは縦に検索欄が並んでおり、「現在地から探す」「フリーワードで検索」「条件から検索(都道府県・市区町村・駐車場・テイクアウト)」の順で置かれています。使用回数が多い、検索にかかる手間が少ない順に並べられていると予想され、あまり高さをとっていないため検索の手間が軽減されています。

しかしながらフォントデザインが悪く視認性に問題があるところが課題です。

びっくりドンキー

びっくりドンキーでは「現在の位置から探す」「地域から探す」「条件で探す(店舗設備・限定メニューなど)」で検索することができます。一貫して入力ではなく選択という形になっておりますので入力の手間が軽減されています。

地域から探すでは各地方が表示され選択することになりますが都道府県のみであり、市区町村に絞って検索することが出来ません。そのため遷移後でも、大量の店舗から検索を行わなければならず手間がかかります。検索ボタンに到達するためには高さを取っているため、下部までスクロールしなければならず手間がかかります。

終わりに

ファミレス業界も様々でありますが、皆さんはよく行くファミレスはありますか?

よく行ったところはサイゼリヤですが、サイゼリヤをサイゼリ「ア」と間違える人は多いのではないかと思います。特にサイゼリヤの間違い探しは難しいものです。

学生時代にファミレスで色々と作業を行った経験がある方は多いと思います。年を重ねると騒がしくなるファミレスより、スタバやコメダへ移行していきますが、提供される場の空気間というのも大事ですね。

次回はそのあたりの業界をまとめていこうかと思います。

【さらにCVR改善を考えている方へオススメ】

EFOツールでCVR改善を行うことも重要ですがツール以外で対応できる課題もあります。【CX BOTTLE】を運営しているビーンズでは直帰率改善やLPOに使える具体的でCVRを改善する確度の高い施策を毎月提案する事業を行っています。

初回の打ち合わせでは無料でサンプルの提案を受けとれますので試しに利用してみてはいかがでしょうか。

ビーンズ:https://leango.co.jp/beans

関連記事も読む